緊急事態宣言解除後のジムの状況(その3) [ニュース]

2020年7月11日(土)取材
2020年7月15日(水)アップ

このところ、都内の感染者数の100人超えが連続しているなか、とうとう200人超えが記録されはじめました。
こんな状況にかかわらず、コロナ担当大臣は、(どんな思惑に基づいているのか)危機的状況にはなっていないというのを繰り返すのみである。(都知事は、夜の街という言葉で感染状況を矮小化し、真の感染拡大をベールで覆っている感がある。)(7月11日現在)
私の行っているジムは、本ブログで書いたように、コロナ前と比べるとかなり閑散としていて、いわゆる3密の状態からはかけ離れていると思われました。
ところが、11日土曜日になって状況が一変しました。
最初、ジムに着いて水着に着がえるときはそうでもなかったのですが、プールを終え、風呂に行って驚きました。
コロナ禍が始まって以来の混みようでした。
風呂内は写真撮影禁止なので、この混み具合を、SO-NETブログの姉妹SNSのニコットタウンのお部屋アイテムを利用し作画しました。

#01、ジムの浴室内混雑状況(2020/07/11)
#01ジムの浴槽は蜜だった.jpg
私は、風呂に行ったら、まず浴槽へ入ります。しかし、浴槽を見ると、既に5人が入っていました。ジムサイドとして浴槽へ入る定員は決めてはいませんが、私が入ると、十分なディスタンスが取れないように思え、浴槽へ入るのは、やめにしました。


次にサウナを覗きました。サウナは、定員が決まっていて8名が定員です。サウナの中には既に6名の方が入っていました。定員上は、まだ入れるのですが、私は、リスクが高いと判断し、サウナへも入りませんでした。

#02、ジムのサウナの混雑状況(2020/07/11)
#02ジムのサウナは蜜だった.jpg
仕方なく、シャワーで、頭と体を洗っただけで風呂は終了ということになりました。
風呂場はコロナ禍前ほどの混みようではありませんが、緊急事態宣言後一番の混みようでした。
 感染者が、200人を超えるようになったにもかかわらず、担当大臣の発言、都知事の発言が、今まで自粛していたジムの会員に、ジムに足を運ばせるよう促した一因になっているのでは?と考えざる場面でした。

nice!(22)  コメント(2) 

nice! 22

コメント 2

夏炉冬扇

ウーム。余り行く気になりません。
by 夏炉冬扇 (2020-07-15 18:25) 

きたろう

昨日、小池さんが、これまでとは一転し「警報を出すべき状態にある」という表明をしたので、今度の土曜日はジムに来る人数は減ると思いますが、また、レポします。
by きたろう (2020-07-16 12:32) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。