So-net無料ブログ作成

きたろう散歩(行徳その3・・・浅間神社・山開き) [きたろう散歩]

2013/06/30(日) 取材
同           日 アップ

前回、富士塚からの続きです。

 6月22日の史跡見学会の富士塚のところで、講師の方が「この富士塚では、山開きが行われます。」との説明がありました。その時は、この説明を聞き流していましたが、山開きと言えば、概ね7月1日に行われるので、明日ということになります。
 この山開きの件を、史跡見学会の友達に確認すると、「前日に行われると言っていたかも・・・」というので、講師の方に、電話で確認しました。そしたら、「開催時期は、今日(6月30日)か7月1日かはっきりしない。ただし、開催される場所は、押切稲荷神社である」との回答を得ました。
 それならば、現地調査ということで、押切稲荷神社に再訪しました。(6月22日も立ち寄っている)

#A01、押切稲荷神社
#A01G4476.jpg


#A02、押切稲荷神社近辺の地図
#A02地図・押切稲荷.jpg


#A03、押切稲荷神社の説明板
#A03G4478.jpg


#A04、押切稲荷神社・社殿
#A04G4475.jpg


#A05、稲荷神社、浅間神社
#A05G4495.jpg
講師の方は、「稲荷神社の中に、富士山に関係したものがある」と言っていましたが、それは、浅間神社のことでした。

#A06、浅間神社・祠
#A06G4468.jpg


#A07、「押切浅間神社建設委員」の石碑
#A07G4470.jpg


稲荷神社(浅間神社)の境内を隈なく歩いて、山開きの式に関する手掛かりが何かないかと思って、捜しましたがなんの手掛かりも掴めませんでした。散歩に来た方にも聞きましたが、詳しい方はいませんでした。

あきらめて、帰りかけた時、自治会の掲示板に何か、張り紙があるのに、目がとまりました。

#A08、A09、自治会掲示版(張り紙)
#A08G4497.jpg


#A09G4498B.jpg


#A10、浅間神社例祭のご案内
#A10G4499.jpg
なんと、そこには、浅間神社例祭のご案内という張り紙が張ってありました。内容は、7月1日に、浅間神社の例祭が行われることと(→これが、講師の方が言っていた、山開きのことと思われる)、最近納められた、祭神の彫像を、11時から公開するという、告知でした。

以下、案内の文章をそのまま掲示します。

*********************************    
    浅間(せんげん)神社例祭のご案内

 緑雨の候皆様には益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。
 さて、米る七月一日(月)は、富士(不二)浅間神社の例祭にあたります。
 世界文化遣産の登録が確実になっている富士山ですが、その富士山を
祀る本宮浅間神社の祭神として崇められ、火難厄除や五穀豊穣の神とさ
れる『木花佐久夜毘売(コノハナサクヤヒメ)』の尊像が、この度、押切在住の彫刻家(匿名)の手によってみごとに完成し、当神社にご奉納戴きました。
 ついては、例祭当日の十一時から宮司さんによる『御霊入れ』の神事
を執り行った上で、御神像をご披露申し上げます。
   平成二十五年六月吉日
                   神社役員一同
 各 位

***********************************
わざわざ、現地調査した甲斐がありました。有力な情報が得られました。この案内文では、式の開始時刻がはっきりしません。
しかし、明日、10時頃までに、浅間神社に行って、例祭とはどんなことをやるのか?確かめたいと思います。

(続く)
nice!(10)  コメント(0)